京都の伝統工芸「京鹿の子絞り」-彩り豊かな絹絞りの極み-

きぬたや 古代から染織技法として世界各地で自然発生し、長い歴史を持つ絞り染め。
正倉院や法隆寺の染織遺品に見られる絞り染めは、奈良時代に中国から伝わったとされていますが、その後、日本で独自の発展を遂げていきました。

多くの技法が生まれる中、糸で布地を括って(くくって)防染する絞り染め技法は、室町末期から安土桃山時代にかけては「辻が花染」として一世を風靡し、江戸時代にはさらに高度な「京鹿の子絞り」(きょうかのこしぼり)が生まれました。

絞り染めの着物は、作り手の真心を映した温かみと、着る人の体の曲線や見る角度によってさまざまな表情を見せる立体的でやわらかな美しさが魅力です。

今回は京都の伝統工芸品であり、何人もの熟練の職人の手を経て完成する究極の絞り染め「京鹿の子絞り」についてご紹介いたします。
 

彩り豊かな絹絞りの極み「京鹿の子絞」の特徴

絞り染め 鹿の子絞りの説明の前に少し「辻が花染」についても軽く説明させていただきます。安土桃山時代に最盛期を迎えた「辻が花染」は、四季の草花をモチーフに絵画的な文様を描いたダイナミックで華麗な作風が特徴で、庶民から武将まで広く親しまれていました。
現存する資料が少ないため幻の絞り染めと言われていますが、文様の色を染め分けるために輪郭を糸で縫い締めて防染したものが辻が花染の一般的な特徴です。

ただ、辻が花の絞り染めは、あくまで文様の染め分けが目的で、糸をほどいた後は布を伸ばす平面的なものでした。

一方、同じ括り染めの中でも江戸時代に発展した「鹿の子絞り」は小鹿の背中の斑点のような白い文様が立体的にあらわされた凹凸のある質感が特徴です。高度な手仕事によって生み出される独特の凹凸が高級品としての付加価値を与え、鹿の子絞りは上層階級の間で人気を博すようになりました。

鹿の子絞りは、薄手の生地を小さく四角に爪先または針の先に掛けて糸で括り、巻き締めて防染し地色を染める技法です。染め上げた後に糸を解いてからも、白い文様の中心部の隆起を伸ばさず、そのままの風合いを残します。緻密な作業を繰り返して細かな絞り文様をあらわすため、大変な労力がかかります。

古くは目結(めゆい)などと呼ばれ、代表的なものに疋田絞り(ひったしぼり・「匹田」とも記される)や一目絞り(ひとめしぼり)などがあります。

疋田絞り(または疋田鹿の子絞り)は、後に詳述しますが布目に対して斜め格子の角度に四角形の小さな絞りがびっしりとつまったもので絞り技術の最高峰と称されます。

一目絞りは、線柄を描くときに用いられ、一寸(3.8cm)の長さに10~15粒程度の絞り目を作ります。絞り目は絹糸で2回巻き締めて括ります。疋田絞りと併用される場合は、まず一目絞りから施されます。

鹿の子絞りの様々な技法は、名古屋の有松・鳴海絞りに代表される、木綿に藍染を基調とした地方絞りにも用いられていました。しかし、主に京都で発展した、上等な絹地と鮮やかな紅染めや紫染めを用いた精緻な鹿の子絞りは、地方のものと区別して「京鹿の子絞り」と総称されるようになりました。
 

京鹿の子絞りの技法

絞り染めをする職人 国の伝統工芸品に指定されている京鹿の子絞りの技法は、下記のように定義されています。
  1. 下絵には、青花等を用いること。
  2. くくりは、次のいずれかによること。
    1. 疋田絞にあっては、指のつま先で摘まんで四つ折りにし、3回以上7回以下糸巻きをした後、引き締めをすること。
    2. 一目絞にあっては、指のつま先で摘まんで四つ折りにし、2回引き締めをすること。
    3. 傘巻絞にあっては、平縫いにより引き締めをした後、「巻上げ」をすること。
    4. 帽子絞にあっては、平縫いにより引き締めをした後、防染部分に「皮包み」及び「巻上げ」をすること。
    5. 縫締絞にあっては、平縫い、折縫い又は巻縫いによること。この場合において、くくり部分は均一に引き締めをすること。
    6. 唄絞にあっては、唄絞台を用いて、「巻上げ」及び「巻下げ」をすること。
    7. 針疋田絞にあっては、針疋田絞台を用いて、3回以上7回以下糸巻きをした後、引き締めをすること。
    8. 針一目絞にあっては、針一目絞台を用いて、2回引き締めをすること。
  3. 「染め分け」をする場合には、次のいずれかによること。
    1. 桶絞にあっては、平縫いにより引き締めをした後、防染部分を桶の中に密閉して染色をすること。
    2. 板締絞にあっては、型板を折り重ねた生地の間にはさみ、両端を固定した後、染色をすること。
  4. 染色法は、手作業による浸染とすること。”
引用:京鹿の子絞振興協同組合 “技法:京鹿の子絞振興協同組合(きょうかのこしぼり)”

京鹿の子絞りは一枚の反物に対して、それぞれの括り技法の持つ表現力を組み合わせて文様があらわされます。

そして、デザインから括り、染め、仕上げまで、工程ごとに専門の職人による分業体制で作業が進められます。
さらに友禅染や刺繍、金彩など他の技法も加わると、膨大な時間と労力をかけてようやくひとつの作品が完成します。
そのような作り手の苦労を思うと、やわらかな絞りの着物を纏う際にも、背筋の伸びるような気持になります。
 

職人による絞り技術の最高峰 疋田絞りと京鹿の子の製造工程

絞り染め 江戸時代後期の富裕層の女性の振袖に用いられた技法のうち、ひときわ特徴的なものが疋田絞りです。
生地全体に疋田絞りを施した「総疋田絞り」の振袖や、疋田絞りと豪華な刺繍と組み合わせたものなど、幕府による度々の奢侈禁止令にもかかわらず(1683年の「天和の禁令」では刺繡や総鹿の子絞りが禁止された)、贅を尽くした絞りの振袖が豪商の子女の婚礼服や晴れ着として誂えられていました。
歴史ある旧家や博物館等に保存されているそれらの振袖は、目も眩むような精緻な絞りの技に彩られた芸術作品そのものです。

京鹿の子絞りの中でも最高峰の技術を要する疋田絞りは、標準的な反物の幅・一尺(約38cm)横一列の中に、粗めのものでも40粒、細かいものになると60もの粒が括られます。
一粒一粒、爪の大きさにも満たない面積をつまんで四つに折り、絹糸で3回から7回巻いて括るという作業をひたすら繰り返すことで文様を作ります。
疋田絞りで生地を埋め尽くす総疋田絞りの着物は、一枚で12万粒から30万粒括ることもあり、熟練の職人でも仕上げまで1年半以上、振袖となると2年を超えることも珍しくないといいます。
では、疋田絞りなど様々な絞りと染めの技法を組み合わせた京鹿の子絞りの製造工程をご紹介いたします。

  • 工程1 構図・デザイン
    製造問屋と絵師によって、構図・デザインが決められます。絵師は構図通りに着丈・身ごろにデザインがのるように下絵を描きます。
  • 工程2 下絵型彫(したえかたほり)
    絞り下絵は、デザインにもとづいて、型紙に小さい円または細い線を彫り、型をあけていきます。
  • 工程3 下絵刷込(したえすりこみ)
    型紙を使って、布地に刷毛で下絵を刷込みします。この下絵は型紙の穴や線でどのような技法を用いて括るかが判る仕組みになっており、加工技術の指図をするものです。又、型紙を使わず手描きする場合もあります。
  • 工程4 絞括(しぼりくくり)
    京鹿の子絞の代表的なものに「疋田絞」があり一般に「鹿の子絞り」といわれています。指先と絹糸だけを使って括る技法で、絞り目を一粒づつ絹糸で3回~7回括り、小さな絞り模様の集合として一反の模様を構成します。絞り技法の中でも、最も技術力と時間を要します。

    その他、一目絞(ひとめしぼり)・縫い締め絞り(ぬいしめしぼり)・傘巻き絞り(かさまきしぼり)など、絞り技法は約50種類以上にのぼり、それぞれの技法毎に専門の技術職人がおり、絞括加工に携わります。
  • 工程5 漂白(ひょうはく)
    布地に刷込んだ下絵の青花(あおばな)、その他の汚れを漂白します。
  • 工程6 染め分け
    染色方法が浸染(しんせん)のため、染める色の数だけ“染め分け”を行います。防染方法には、大別して「桶絞」と「帽子絞り」があります。

    桶絞(おけしぼり)は専用の木桶の内側に防染部分を入れ木桶を密封し、染色する部分だけを桶の縁に出し、そのままの状態で染液の中に浸ける技法です。

    帽子絞(ぼうししぼり)は防染部分を竹の皮(近年はビニール)で覆い、更に糸を強く巻きつけて防染力を高め、染色する技法です。
  • 工程7 染色
    一回の染色で一色しか染められないため、複数の色で染める場合は、色数分だけ“染め”を繰り返し行います。絞り染めは、“括り”という特殊な防染加工をしたものを染色しますので、生地を直接染液の中に浸けて染める“浸染”の方法がとられます。
  • 工程8 ゆのし仕上げ
    蒸気を当て、手作業によって不要なしわを取りのぞき、幅出し(はばだし)を行います。絞りの風合いを生かした仕上げをします。”
  • 引用:京鹿の子絞振興協同組合 “製造工程:京鹿の子絞振興協同組合(きょうかのこしぼり)

このように、多くの職人の繊細な手仕事によってようやく完成する京鹿の子絞り、絞り粒のひとつひとつにその貴重さがあらわれています。


まとめ

疋田絞りに代表される京鹿の子絞りの誕生は、それまでの平面的な絞り染めの概念を変え、独特の凹凸が手仕事ならではの高級感を象徴するようになりました。
それは現在も変わらず、熟練の職人技のみによって成し得る、世界に二つとない大変贅沢な工芸品として揺るぎない地位を誇っています。

近年は京友禅に絞りを施すなど、高度な技術を結集させた存在感のある振袖も生まれています。携わった職人一人一人の真心の結晶ともいえる、とっておきの一着をぜひ探してみてはいかがでしょうか。

関連ブログ