成人式で人気の古典柄振袖とは?

成人式は一生に一度の思い出なので、上品な振袖を着て参加したいものですよね。
数ある振袖のラインナップのなかに『古典柄』というものがあります。
古典柄と聞くと“渋そう”“昔っぽい”“若い子は似合わなそう”などのイメージをもつ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
上品で華やかな古典柄振袖は、近年成人式で着られる方も多く『振袖ハクビ町田店』でも大変人気があります。
今回は古典柄振袖について詳しくご紹介していきたいと思います。

古典柄振袖とはどんな柄?

では古典柄とはいったいどのような柄なのでしょうか?
古典柄は昔ながらの伝統的な柄であり、流行りすたりがありません。
古典柄には様々な柄があり、大きく分けると花柄、鳥や蝶、吉祥文様、有職文様などがあります。
柄によってもそれぞれ意味があり、その意味を理解して振袖をお選びいただくのもまた楽しいと思います。

  • 花柄

    「華やかで女性らしい振袖」を演出できる花柄は定番でとても人気があります。
    花柄の種類も『桜』『菊』『牡丹』『椿』『バラ』などバリエーション豊富です。
    桜は日本の国花で日本を象徴する花であり、おめでたい印象の桜は振袖にも多く用いられています。
    『桜』は春の花であり成人式の時期とは異なるものの、季節を問わず身に着けていただくことができます。
    『菊』は長寿を象徴します。
    菊は秋の花でありますが、桜同様日本の国花であり、季節を問わず身に着けていただくことができます。
    『牡丹』は“百花の王”と称され、“富貴”や“幸福”を象徴します。
    かつては身分の高い方の着物に用いられ、華やかさや豪華さを演出します。
    『椿』は“控えめな素晴らしさ”などを意味し、一歩引いた日本人らしい女性を表します。
    『バラ』は西洋花であり、華やかな印象をもち桜と並んで振袖によく用いられる花です。
    バラはカラーバリエーションが豊富で、色によって意味や表現が様々なことも人気の1つのようです。
    色を使い分けることによって可愛らしさやカッコよさなど様々な演出ができるでしょう。
  • 鳥や蝶

    生き物のモチーフの中で縁起が良いとされている鳥や蝶などはよく用いられています。
    鳥の文様は吉祥文様でも用いられ、『鶴』や『鳳凰』は不老長寿を願うものとしてお祝い事に好まれる文様です。
    鶴や鳳凰以外にも『雀』や『燕』『孔雀』などがあります。
    『蝶』はさなぎから成長して飛び立つ様子が、女性の成長を願うことも意味しています。
    蝶は“長”の字にもかけており、ひらひらと華やかに舞う蝶も不老長寿を願うものとして用いられています。
  • 吉祥文様

    『吉祥文様』は“きっしょうもんよう”と読み“縁起が良い”“めでたい”を意味した文様のことです。
    吉祥文様には主に『松竹梅』『鶴』『亀』『龍』『鳳凰』『宝尽くし』などがあります。
    中国の文化の影響を受けたものや日本の縁起物に由来するものがあり、日本の伝統を表す古典柄の1つです。
    『松竹梅』はその名の通り松・竹・梅です。
    極寒でも緑を絶やさない『松』、寒さに負けず真っすぐにのびる『竹』、冬の寒さから一早く花を咲かせる『梅』は“歳寒の三友”と呼ばれ、古くから日本を代表する吉祥文様です。
    『鶴』『亀』は”鶴は千年、亀は万年“ということわざがあるように、“不老長寿”を願うものです。
    『龍』や『鳳凰』は中国から伝わったとされ、『龍』は天に昇るイメージから“発展”や“栄光”を表します。
    『鳳凰』は平和で幸せな世界が実現される時に現れると言われており、縁起の良い鳥です。
    『宝尽くし』は宝物を集めた文様で、福を呼ぶと言われています。
    特に打ち出の小槌などはよく用いられています。
  • 有職文様

    『有職文様』は“ゆうそくもんよう”と読み、中国から伝わり、日本に定着した格調高い伝統的な文様です。
    有職文様を代表するものには『七宝文』『花菱』『亀甲文』などがあります。
    『七宝文』は“しっぽうもん”と読み、同じ大きさの円を4分の1ずつ重ねる文様を言います。
    『花菱』は“はなびし”と読み、菱形の中に花びらを4枚描いた文様を言います。
    『亀甲文』は“きっこうもん”と読み正六角形を上下左右につないだ文様で、字の通り亀の甲羅に由来しています。

まとめ

古典柄振袖には、華やかさを演出する花柄や縁起の良い柄の鳥や蝶や吉祥文様、格式高い伝統的な有職文様などいくつかの系統があります。
他にも、縁起物の雪輪や熨斗、末広がりの扇、華やかさの象徴である御所車などたくさんの柄があります。
年代によって、デザインの傾向はありますが、基本的に、柄自体は流行に左右されないので、20年前のお母様のお振袖を着ることもできます。


また、着る方の幸福や成長を願う柄、美しさや愛らしさを引き立てる柄など様々な意味をもっています。
ひとつひとつの柄の意味を知って、自分に合う振袖をお選びいただくのが良いかと思います。
この記事を参考にしていだだき、上品で優雅な古典柄振袖の良さを知っていただければ幸いです。
一生に一度の成人式の思い出を『振袖ハクビ町田店』が全面サポート致します。
振袖の購入、レンタルから記念写真、着付け、セットメイクまで、振袖の事ならすべて『振袖ハクビ町田店』にお任せください。

9/20津田沼パルコ店グランドオープン
9/20津田沼パルコ店グランドオープン